介護用品のことなら『愛護の介護』へ!



免責事項
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

『愛護で介護』の情報は、無料で提供されています。愛護で介護を利用したウェブサイトの閲覧や情報収集について、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法によって必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。


また、愛護で介護では、提供する情報の品質についてはいかなる保証も行っておらず、情報の提供の中止、欠陥およびそれらが原因で発生した損失や損害については一切責任を負いません。


愛護で介護が紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。



愛護の介護について

 

高齢化社会が進む現在の日本では、今後の課題として「介護」が挙げられます。次第に介護サービスについては整備されつつありますが、ハード面である介護用品については購入する選択肢や機会、または場所などが少ないのが現状です。介護用品の需要は高まるばかりです。老人ホームに入居させても葬儀の際にはしっかりと面倒を見てあげて下さい。


『愛護の介護』は介護で忙しく自宅をなかなか離れることの出来ない人、また専門知識をもった介護職の方まで介護に関わる全ての方が広く、利用いただけるように願っています。身近にパルスオキシメーターがあれば脈拍数を計るのも簡単にできるようになっており、現在の介護環境は大変充実してきています。そのため皆様にも介護機器・用品の紹介をしたり、常に新しい情報や便利な情報を提供していきたいと思っています。

 

私も実際に、介護の経験をしてきたのですが、周りの友人にも同じ介護をしている人は多く、たくさんの介護のカタチを見てきました。もっと使いやすく、もっと便利に。をテーマに、みなさまの介護用品探しをサポートしていきます!


介護用品について


これからの介護は老人が老人を介護する機会が増えていくと考えられています。子供がいない世帯が増えているので、当然のことでしょう。介護は他人が思っている以上に力仕事で、そんな力仕事を高齢者が行おうとすると相当な負担をかけてしまいます。昨日まで介護していた人が今日介護されなければならない、そうなってしまってもおかしくはありません。高齢化社会を生き抜く為には、介護の力無しでは生き残れない時代になっているのです。少しでもこのサイトで知識をつけて貰えると、幸いです。

そんな時に役に立つのが介護用品。今まではケアマネージャーに任せっきりだった方も、今はインターネットで色々調べる事ができます。是非一度介護用品について簡単に勉強してみてはいかがでしょうか?本当は介護している人や家族が要介護者について一番良く知っているはずなので、そういった観点からもある程度の介護用品の知識を持つ事は非常にいいことです。

そして、何より、介護用品は、あなた・またはあなたの生活への負担を少しだけ減らすお手伝いをしてくれる役割があります。

あまり多くは用品類は買えないけれど、そうした用品類を出来るだけそろえてみみることで、用品に費やした費用以上の働きをしてくれるときもあるのです。

トップに戻る

老人看護の心遣い



  ● 親切第1に


  ● かゆいところに手が届く気持が大切。


  ● 聞き上手に


  ● 耳を傾けてあげる。


  ● 仲直りは積極的に


  ● 看護者が謝る。


  ● 信頼される


  ● 待たせない。おこらせない。喜ばせる。


  ● 寝たきりにしない


  ● できるだけベッドから離す。


  ● できるだけ動かせる所を使う。


  ● 事故防止



長く続く老人介護をする中で、老人が気弱になっていたり、身体の調子が悪い時には、自分の心にゆとりが無ければなかなかできることではありません。
そんな時に、介護用品があると助かるときもあります。用品類を侮ってはいけません。介護用品は、あなたの介護の手助けをしてくれるものでもあります。
最近では医療体制の整った有料老人ホームも充実しており、そちらを利用するというのも一つの方法です。介護が大きな負担となり、介護をする人自身が体を壊してしまうというケースがあります。有料老人ホームなら専門の介護福祉士が介護をサポートしてくれるので安心です。サービス形態も様々ですので、体の状態にあった有料老人ホームを選び入居しましょう。

 

トップに戻る

 

補助犬

平成14年10月1日に身体障害者補助犬法が施行されて、公共の施設や交通機関に補助犬を同伴する事ができるようにもなりました。またさらに、平成15年10月1日からデパートやスーパー、ホテル、飲食店などの一般の施設にも同伴できるようになりました。これは、その啓発のために作られたマークです。

 

便利な用品類のウンチク


あなたの介護生活を応援してくれるのが、用品類です。こうした用品類というのは、作業の負荷の低減にもなったり、用品によっては、効率化をもたらすものもあります。

こうした用品類は、様々な種類があります。車椅子なども介護用品ですし、老人用紙おむつなども、こうした用品類の一部です。

一般的に、用品類は値段が高いものばかりと思われがちですが、確かに、値の張る介護用品もあります。

そうした用品類が簡単に買えない!という方のために、介護用品のレンタルショップや、または一部の地方自治体などで、用品類の貸し出しを行っているケースも存在するようです。
そうした介護用品のレンタルサービスを利用することで、用品類の購入費用を節約できます。

また、身近な肌着などの介護用品なども、場合によってはスーパーなどの売り場にもあることもあります。

さらに、身近に無いような介護用品は、介護用品専用の通販サイトなどもあります。
そして、介護用品について書かれている介護用品サイトなどもありますので、
介護用品についての疑問などや、煩わしさから開放できる介護用品についての知識など、
さまざまな用品類についての情報を知ることが出来るのです。

 

recommend

カラコン 度あり
http://www.galmol.com/moon/
名札のオーダー製作
http://www.nafuda.jp/
スマートフォン 買取
http://kaumobile.jp/
軽井沢なら別荘
http://www.ima2000.co.jp/
沖縄で挙式をするなら光貴ファンタジスタ
http://www.fantawedding.jp/kyoshiki.html

トップに戻る